ビットコインギガ

海外移住すればいいじゃん。

アメックスAMEXがripplenetに参加で高騰

アメックスAMEXがripplenetに参加でrippleが高騰してますね。

 

仮想通貨だけで10億達成しました。

ビットコインギガのシンゴです。

今日も興奮する記事をお届けします。

ライン@にまだ登録してない人はお早めに。

LINE Add Friend

 

ついにアメックスとripplenetに参加を発表しましたね。

これはrippleユーザー興奮します。

一気に30円突破です。

f:id:bitcoingiga:20171116230106j:image

自分が使ってない海外の銀行同士の接続より身近なアメックスで使われるって事には反応しますよね。

 

CoinPost -仮想通貨情報サイト- on Twitter: "アメリカン・エキスプレスがリップルと提携 今までAmexは、決済時swiftのメッセージコードを送る必要があったが、リップルシステムにより即時決済が可能となる。 XRPを使用するオプションともなり、流動性が向上するとも記載。 https://t.co/iNj8SqZxS1"

 

仮想通貨少年 ケン on Twitter: "「Amexは支払いを要求するために銀行にSwiftメッセージを送信しなければならなかったが、今AmexはRippleとRippleの暗号を使うことで銀行に直接接続されており、価値の移動はすぐに行われる。 Amexのようなユーザーの銀行と銀行が協力し、rippleを採用して繋ぐこと… https://t.co/lbnrwukgle"

 

GiantGox on Twitter: "アメックスがRippleNetを統合した送金システムを発表しました。 #Ripple American Express Opens First Blockchain Corridor With Ripple Tech https://t.co/RewkzH3RM6"

 

https://twitter.com/cryptopayments2/status/931152687776722945

 

アメリカン・エキスプレス、リップル・テックで最初のブロックチェーン・コリドーを開く

American Express Opens First Blockchain Corridor With Ripple Tech

 

REUTERSによる
2017年11月16日
ロンドンのサンタンデール・イングランド銀行による英国の企業に資金を送っている米国の法人顧客向けに、リップルを利用したインスタントブロックチェーンベースの支払いを導入した。

アメリカン・エキスプレスはFXインターナショナル・ペイメント(FXIP)事業がリップルと提携し、リアルタイムで追跡可能な非カード決済を米国から英国に提供したと述べた。顧客はすでにこのサービスを利用しており、今後拡張される予定だという。

 

これは、ブロックチェーンの最初の主な用途の1つです。ブロックチェーンは、インターネット上のコンピュータネットワークによって管理されるトランザクションの共有データベースで、ビットコインを基盤とするシステムとして最もよく知られています。

 

金融機関は、新生技術が証券決済や国際収支などの負担の大きいプロセスのコストと複雑さを削減できることを望んでいるが、多くの人々が技術の普及がまだ数年はかかると多くの人が指摘する。

 

By REUTERS
NOVEMBER 16, 2017
LONDON — American Express has introduced instant blockchain-based payments using Ripple, a fintech start-up, for U.S. corporate customers sending funds to UK-based businesses that bank with Santander UK, the companies said on Thursday.

American Express said its FX International Payments (FXIP) business had partnered with Ripple to provide real-time, trackable non-card payments from the United States to Britain. Customers are already using the service, the companies said, and it would be extended in the future.

This marks one of the first major uses of blockchain, a shared database of transactions maintained by a network of computers on the internet that is best known as the system underpinning bitcoin.

Financial firms hope the nascent technology can reduce the cost and complexity of burdensome processes such as securities settlement and international payments, but many say widespread use of the technology is still several years away.

 

1927年に、パイロットのチャールズ・リンドバーグは、大西洋を横断して現金を流すことができました。

Lindberghは33時間30分でニューヨークシティからパリへの彼の歴史的なソロ飛行を完了しましたが、今日の典型的な銀行取引はSwiftを使用して1日から2日間かかり、典型的なACH取引には2倍の時間がかかります。

だから、アメリカン・エキスプレスがリップルを使用して数秒でイングランドからアメリカに送金できるペイリー・コリドーを開設したというニュースは、今日までずっと続いています。

スペインの銀行サンタンデールと提携し、リップルの戦略勘定責任者であるマーカス・トレッカー氏が、大西洋全域で支払いを行うことは明らかに速くて安全な方法であると見られています。

前Swiftの取締役であったTreacherは、CoinDeskにこう語った。

Amexは支払いを要求するために銀行にSwiftメッセージを送信しなければならなかったが、今AmexはRippleとRippleの暗号を使って銀行に直接接続されており、価値の移動はすぐに起こる」
アメリカン・エキスプレスの外国為替国際決済(FXIP)事業によって運営されているこの廊下は、米ドルを使用している米国のAmex顧客を英国のサンタンデール銀行口座に英国ポンドを使用して接続します。すべてリップルのブロックチェーンRippleNet経由です。

Treacherによると、統合により、ほとんどの瞬時の監査可能な国境を越えた支払いのための共有支払いネットワークによるカード以外の支払いがルーティングされるという。

直接接続

このプロジェクトは、クレジット・ジャイアントがHyperledgerブロックチェーン・コンソーシアムに加わり、ビットコム・アプリケーション・プロバイダーのAbraと提携していることを見ている1年後のAmexの最新の開発をマークしています。

そして、最近のスウェル会議から来ているリップルのために、この新しい作業は、2016年前半にテストされたブロックチェーンプラットフォームを自由に飛ばすためのもう一つのステップです。

例えば、Rippleは最近、スウェーデンの銀行SEBとの業務を通じてヨーロッパと米国を結びつけました。これは、昨年末、Rippleを使ってストックホルムとニューヨーク市を結ぶ意向を明らかにしました。

Treacher氏は、SEBプラットフォームが今年の第2四半期に生産開始して以来、すでに6億3000万ドルの取引を行っていると述べた。

Treacher氏によれば、このプロジェクトは進歩しており、9秒以内に対処することができますが、American Expressプロジェクトのように、暗号化を必要としない「純粋な」ブロックチェーンと言います。

これらのプロジェクトの共通点は、「直接的なつながり」である、と彼は述べた。 「中間的な暗号化はありません」

ボード上の暗号

しかし、Treacherは先月、他の銀行が金融サービス会社Cuallixの足跡をたどっていくことを期待しています。Cuallixは先月クロスボーダーの資金移転をBlockchainのネイティブXRPトークンに変換するリップルの最初のパートナーとなりました。

Cuactは、世界中のいわゆるノストロの口座でTreacherが「エキゾチックな通貨」と呼ぶ数十種類のものを保持するのではなく、XRP自体を保持することで新たな用途に閉じ込められた資金を解放するための第一歩を踏み出しました。

Rippleの主要競争相手であるSwiftがHyperledgerを使用して独自のブロックチェーンを構築し、クロスボーダー支払いのユースケースについて独自のバリエーションを持つ新興市場の潮流が立ち上がっていることは、Treacherが競争上の企業を昇格させると考えているリップルの本来の暗号暗号です。

「この2つが一緒になるのは、アメリカン・エキスプレスのような銀行の銀行やユーザーがリップルを採用して接続を開始すると、XRPは流動性のために使うことができるオプションになる」と結論づけた。

「それが本当に生きる場所だ」
開示:CoinDeskはリップルの所有権を有するDigital Currency Groupの子会社です。

シャッターストックによる橋のイメージ

カテゴリ:機能、ユースケース&業種、支払い、ビジネスニュース、銀行

 

American Express Opens First Blockchain Corridor With Ripple Tech - CoinDesk

 

Back in 1927, pilot Charles Lindbergh could have flown cash across the Atlantic Ocean faster than most payments happen over that same body of water today.

Whereas Lindbergh completed his historic solo flight from New York City to Paris in 33 hours and 30 minutes, a typical bank transaction today takes one to two days using Swift, and a typical ACH transaction can take twice as long.

So, the news today that American Express has opened up a payments corridor using Ripple that can send money from England to the U.S. in just a few seconds has been a long time coming.

A partnership with Spanish bank Santander, the new corridor is being positioned by Ripple's global head of strategic accounts, Marcus Treacher, as an obviously faster, but also safer way to send payments across the Atlantic.

A former Swift board member, Treacher told CoinDesk:

"Whereas beforehand Amex had to send Swift messaging to the banks to request the payment to happen, now Amex is connected directly to the banks using Ripple and Ripple's cryptography, so that the movement of value happens immediately."
Run by American Express's foreign exchange international payments (FXIP) business, the corridor connects Amex customers in the U.S. using U.S. dollars to Santander bank accounts in the UK using British pounds – all via Ripple's blockchain, RippleNet.

According to Treacher, the integration routes non-card payments through the shared payment network for nearly instant, auditable cross-border payments.

Direct connections

The project marks the latest development for Amex in a year that has seen the credit giant join the Hyperledger blockchain consortium and partner with the bitcoin app provider Abra.

And for Ripple, which is coming off its recent Swell conference, the new work is another step toward letting its blockchain platform, tested throughout the first half of 2016, fly free.

For example, Ripple recently connected Europe and the U.S. via its work with Swedish bank SEB, which late last year revealed its intentions to connect Stockholm with New York City using Ripple.

Treacher said the SEB platform has already conducted $630 million-worth of transactions since it launched into production in Q2 of this year.

While that project is advancing and is able to transact in nine seconds or less, according to Treacher, it is for now — like the American Express project — restricted to what he calls a "pure" blockchain that doesn't require a cryptocurrency.

What both these projects have in common is "a direct connection," he said. "There's no intermediary cryptocurrency."

Crypto on board

Going forward, however, Treacher expects that other banks will increasingly follow in the footsteps of financial services firm Cuallix, which last month became the first Ripple partner to convert cross-border fund transfers into the blockchain's native XRP token.

Instead of holding dozens of what Treacher called "exotic currencies" in so-called nostro accounts around the world, Cuallix took the first step toward freeing up those funds otherwise trapped for new uses by holding the XRP itself.

With Ripple's main competitor, Swift building its own blockchain using Hyperledger, and a rising tide of upstarts with their own variations on the cross-border payments use case, it's this use of Ripple's native cryptocurrency that Treacher thinks will elevate the company above the competition.

"Where these two come together is that as banks and users of banks, like American Express, adopt Ripple and start to connect up, XRP becomes an option they can use for liquidity purposes," he said, concluding:

"And that's where it really comes to life."
Disclosure: CoinDesk is a subsidiary of Digital Currency Group, which has an ownership stake in Ripple.

Bridge image via Shutterstock

Categories: Features, Use Cases & Verticals, Payments, Business News, Banking