ビットコインギガ

海外移住すればいいじゃん。

なぜリップルのニュースが今こんなにも注目されているのか?

f:id:bitcoingiga:20180508220452j:image

リップルのニュースが世界を賑わしています。

どうもビットコインギガのお時間です!

いま、世界が激しい息を抱える激しい暗号レースをしている中、Bitcoin(BTC)、Ethereum(ETH)、Ripple(XRP)は今週、劇的に強気な動きを見せています。

しかしの暗号通貨のレースは決してスムーズには行われていません。

メディア世界の喧騒を払拭するのに十分な爆発的なエネルギーがまだ抑え込まれてるためです。

しかし、Rippleは今、世間の注目を奪うことができております。

CoinWatchのデータプラットフォームから、リップルは、1週間のマイナスストーリーに対して非常に強気な31のポジティブ記事を持ち、先週、大量のメディア誇大宣伝を集めていることが手に取るように分かります。

同様に、過去1週間にリップルは0.79ドルから0.85ドルに上昇し、これは6.67%の価値の上昇につながった。

リップルは依然として変動していますが、上昇傾向にあり、抵抗水準は0.90ドル前後です。

圧倒的に強気なニュース感情で、リップルがなぜ今のメディアに波及しているのかを調べるためにトップのストーリーを探しました。

リップルと金融大手のパートナー

リップルは、SAMA(TSXV:SME)、ウェスタンユニオン(WU)、マネーグラム(MGI)との最近のアライアンスの盛り上がりを受けて、FairFX(UK)と新たな提携を開始しました。 RationalFX(英国)、Exchange4Free(英国)、UniPay(ジョージア州)、Money Match(マレーシア)。

グローバルコインウォッチは、「XRPのスマート決済ソリューションのおかげで、新会社はこの通貨との有利なパートナーシップに取り組んでいる」と報じた。

これらの新しく追加されたものはxViaプラットフォームを使用し、ウェブサイトによれば、標準インターフェースを使用してさまざまなネットワークでグローバルに支払いをシームレスに送信したい銀行などが含まれます。

リップルのチーフマーケティングオフィサー、コーリージョンソンは、同様のスレッドで、サンタンデールが金融取引を処理するリップルプラットフォームの使用計画をすぐに発表するというニュースを漏らした。

以前サンタンデールがOne Pay FXアプリにxCurrentを使用するとの報告はあったが、ジョンソン氏は「Ask Me Anything」セッションでサンタンデールもxRapidプラットフォームを使用することを確認した。

これらの発表の裏で、コイネックスはモバイルとウェブのプラットフォームにリップルを追加したばかりで、暗号化へのコストをゼロにすることを可能にしている」と同社の創設者兼CEOであるRahul Rajは、 「暗号化から暗号化へのトレードコリドー」、そして「シームレスな取引」を「提供する」ことに同意したことなど、多くのこのような驚きがパイプラインでユーザーを魅了している」

そしてRippleは、オマーンに本拠を置く金融機関であるBankDhofarにて新しい銀行を追加しました。

この銀行は、グローバル企業のブロックチェーンネットワークであるRippleNetに移行する予定です。

BankDhofarのチーフインフォメーション担当者Tariq Tahaは、Rippleのブロックチェーンテクノロジを追加することで、「海外送金時に顧客に時間と費用を節約できます」と述べています。

支払いの旅を終わりまで見通すことができます。

銀行がRippleのxCurrent(全社的な支払いとインスタント決済のエンドツーエンド追跡を可能にするエンタープライズブロックチェーンソフトウェア)をタップしているかどうかはまだ分かりません。

リップルのXRPを使用して国際取引にリアルタイムの流動性をもたらすRippleのxRapid製品もあります。

今のところ、BankDhofarは、その使用する製品の詳細を明らかにしてません。

リップル、英国議会公聴会でデジタル通貨を守る

波紋の管理は、デジタル通貨に関する英国議会の熱狂的なヒアリングにちょうど参加したばかりです。リップルは、パネルにブロックチェーンとデジタル通貨の利益を守るために存在し、被験者は議論の温床でした。

リップルの規制当局責任者、ライアン・ザゴネ氏は、デジタル通貨が銀行間のクロスボーダー支払いの透明性と効率性をどのように向上させるのかを訴えています」ザゴネは、「これによりコストを最大60%削減する資金移動は技術の中心的なメリットである」と述べ、XRPを「国際取引におけるペソと円のような2つの通貨の橋渡し」とするパイロットプロジェクトについてパネルに語った。

しかし、証拠ベース管理のセンターの銀行・財務担当ディレクター、マーティン・ウォーカー氏はリップルを焼き払い、まだ極端に変動しているため、銀行間決済サービスとしての役割に疑問を呈していました。

Walker氏はブロックチェーンに横たわり、銀行部門における真のイノベーションからの流行や気を散らすと言っており、懸念される分野としての支払いの難しさを挙げている。

パネルからの唯一のコンセンサスは、「産業と暗号化のブロックチェーンは大きな違いがある」ということでした。

しかし、リップルは議会で強力なケースを作り、暗号がすでに金融政治の世界にどのように影響しているかを強調しました。

リップルの強気なニュース

リップルの価値が崩壊するにつれて、多くの暗号愛好家がドラマに魅了され、その背後にある要因を分析し、アルトコインの将来を予測しようとしました。変動する値は、メディア投機の密度に反映されます。これは本質的に波及効果を作り出しました。今は何が最初に来たのか、投機的なものか、価格の変動かはわかりませんが、ニュースの感情とリップルの価値の間に強いパターンが見えます。強気なニュース感情の上昇は、リップルをメディアの注目に突きつけ、その信頼性を強化しています。

例えば、グローバル・コイン・レポートによれば、「リップルは、リスクフリーで安定した性質のため、トレーダーのグループにとって常に好まれてきました。

新しいパートナーシップと世界的に有名な組織を顧客として、Rippleのブロックチェーンシステムは、所有者にさらに効率的かつ完璧な取引システムを提供する可能性が高い。

Q1とQ2がこのコインの未来のための単なる兆しであるならば、現在のXRP保有者は確かに有望な投資だと言うことができます。

https://www.nasdaq.com/article/why-ripple-is-raging-through-the-headlines-right-now-cm959377

 

ナスダックに記事が乗り出しましたね。

一時的な流行り廃りでXRPやリップルは動いてはいませんが。

世間の認知が上がるのはとてもいいことですね。

大きいニュースが来ようがインフルエンサーが煽ろうがXRPの価格が上がる事はほとんどありません。

ですが底は確実に固くなっていますので。

今後のXRPやリップルの動きが楽しみで仕方ありません。

ビットコインギガではXRPの動向を逐一チェックしていきます。

記事の更新はラインアットでお伝えしますね。

友達登録お願いします。

LINE Add Friend