ビットコインギガ

仮想通貨最新情報

Ripple(XRP)がスマートコントラクトプラットフォームのcodiusを復活させる?

f:id:bitcoingiga:20180506221744j:image

Ripple(XRP)がスマートコントラクトプラットフォームCODIUSを復活する?

どうも!

嬉し恥ずかし

ビットコインギガのお時間です!

みなさま

ゴールデンウィークはなにしてますか?

混んでるので外にも出たくなくなりますね。

あっ!

ラインアットの友達がおかげさまで1,000人超えて来ました。

ろくな情報送れてませんが、ありがとうございます。

有益な情報を送れるようにこれから成長して行きますのでビットコインの事は嫌いになってもギガの事は嫌いにならないでください!

出会って2秒ですぐ友達のURLはこちら

LINE Add Friend

XRPのすごい嬉しい話題がでて来ました。

お休みしてたXRPのスマートコントラクトプラットフォームのCODIUSが復活するかもしれません。

リップルでCODIUSが復活すればスマートコントラクトによる様々なプラットフォームが立ち上げられます。

ICOとかXRPで出来たら最高ですよね。

https://codius.org/

リップルは、新製品、新しいパートナーシップ、グローバルイベントの間で、暗号侵害のニュースサイクルを引き続き支配しています。

主要金融機関との協業は、ブロックチェーンの一般的な採用の最前線に置いています。そのクライアントの中には、Western Union、Santander、さらにはIBMのような伝統的な企業の巨人があります。これらの収益性の高いベンチャーと並んで、リップルの最近の慈善事業は、暗号侵害産業に多大な貢献をもたらしました。

DonorsChoose.orgのすべてのクラウドファンディングキャンペーンを完了したことで、スティーブン・コルベールの深夜番組にテレビ放送が放送されました。

しかし、リップルが2015年以来回避した1つのブロックチェーン要因があります。

分散アプリケーションのためのスマートコントラクトが特に欠けています。

彼らの本来のスマートコントラクトプラットフォームであるCodiusを棚上げしようという彼らの決断は、当時の決断でした。

スマートコントラクトは実証済みの技術ではなく、Ethereumの創作は1ヵ月後には起こらなかった。

スマートコントラクトは暗号化プロジェクトの規則的な要素なので、Rippleは再びゲームに戻っているようです。

Codiusのサイトがバックアップされ、動作しています。

コーディウスの歴史と復活

もともと2014年に発表されたCodiusは、Rippleプラットフォーム上で動作する「分散アプリ」の手段として始まりました。

それ以来、用語や操作は変更されましたが、一般的な考え方は変わりませんでした。

Rippleにとって残念なことに、Codiusプラットフォームでの操作を中断する決断は、スマートコントラクトソリューションを使って最初に市場に出ることを妨げていました。

しかし、彼らの製品はうまくいっており、誰もリップルには何の不満もないと非難することはできません。

cryptocurrency市場は現在大規模に見えるかもしれませんが、それは2015年の現在の規模のほんのわずかです。

リップルは当時の市場ではCodiusプラットフォームをサポートできないと確信していました。

現在の環境は大きく異なっています。

スマートコントラクトはブロックチェーンプラットフォームの通常の機能であり、市場規模は急激に拡大しています。

さらに、スマートコントラクトは、従来のビジネスにおけるブロックチェーン技術の最も魅力的な機能の1つです。

Rippleが使いやすい、シームレスなスマートコントラクトプラットフォームを開発することができれば、既に印象的な配列を超えても製品を拡張することができます。

リップルのCTO、ステファン・トーマスは、2017年8月早くプラットフォームを復活させる考えを浮き彫りにしました。

明らかに、2017年後半と2018年初めにかなり混乱しました。

市場が安定したので、リップルは新しい製品ラインを探し始めるのが理にかなっています。

リップルを持つ分散アプリケーション

Rippleの支払いプロトコルは、すでに金融機関がレガシーネットワークをアップグレードできる集中システムを提供しています。

分散アプリケーションは、中小企業や新興企業、さらにはエンドユーザにも魅力を感じます。

このタイプの信頼性の低い自動プロセスは、伝統的に分散された元帳の機能を拡張し、開発チームのためのフレームワークを提供します。 「x」シリーズのリップル製品で見られる単純な取引システムではなく、リップルを平均的な人に魅力的にする完全な機能を備えた堅牢な金融アプリケーションの可能性があります。

さらに、スマートコントラクトを結ぶ能力は、RippleNetのブリッジ通貨処理に役立つことがあります。

決済ペアリングが一致したときに自動的に実行される契約を作成するシステムは、流動性レベルを高めることができます。

現在のリップル流動性プールの印象的な状態を超えても、スマート・コントラクトはさらに1レベルの緊急時計画を追加します。

最近のリップル市場のパフォーマンス

リップルの価値は、2018年第2四半期の初めにかけて、市場の残りの部分とほぼ同じように着実に増加しました。今年の第1四半期を支配した弱気市場から誕生した市場は、ほとんどの主要通貨からの横ばいの動きを伴い、強気相場に向っている。

市場の低迷の中でリップルの大きな進歩を考えれば、製品が成熟し始めると、それが別のスパイクを見る可能性が高いでしょう。

スマートコントラクトレイヤーの追加は、このプロセスを助けるだけです。

製品の潜在力を広げ、より多くの開発チームを引き付ける機会を提供することは、暗号化のコミュニティからの永続的な懐疑主義の一部を解消するのに役立ちます。

リップルはブロックチェーンのプロジェクトの中で最も優れた広報活動を簡単に持ちますが、引き続きその利点を生かすことは間違いありません。

3年前に発表された後、RippleはRippleのブロックチェーンに基づいたオープンなホスティングプロトコルであるCodiusを再導入する予定です。

Codiusは2014年に導入され、開発の1年近くが経過した後、Rippleチームは分散型市場がまだ若すぎると感じ、プロトコルの理想的な市場を提供しないと考えているため、保留にしました。

しかし、Codiusが市場に再参入しようとしているという報告が出てきた。

Codiusは実質的に、EthereumやEOSなどの有力なタイタンとのスマート契約市場でRippleを競争相手にします。

Rippleは、Allvorという新しいプロジェクトを立ち上げるなど、Ethereumとの競争の中でいくつかの小さなステップを踏み出していますが、Codiusは収益性の高いスマートコントラクトで完全に競争できるようになります。

Codiusはユーザーに多くの利点を提供します。その1つはピアツーピアホスティングで、少なくとも1人のユーザーが使用している限り、アップロードされたプログラムはメンテナンスを必要としません。

また、スマートな契約を導入しながら、分散アプリケーションを開発するためのプラットフォームもユーザーに提供します。

最先端の機能の中には、Rippleのブロックチェーンを搭載した非常に高速なものもあります。 Codiusには、アプリケーションがマイクロペイメントシステムを通じてお互いに支払うことができる支払いシステムが組み込まれています。 Codiusで開発されたアプリケーションも非常に安全です。

これは、アプリケーションをホストとホストの両方から隔離する最新鋭のサンドボックスによって保証されています。

Ethereumのようなスマートな契約プラットフォームは、開発者がアプリケーションに統合するために覚えなければならないSolidityなどの独自の言語で提供されますが、Codiusは最も人気のあるプログラミング言語の1つであるJavascriptで開発されています。

これにより、任意の開発者がプラットフォームを使いやすくなります。

このプロトコルは現在ベータ版であり、さらに優れたものになるように開発中です。

ホワイトペーパーでは、CodiusはRippleやBitcoinなどのバリューネットワーク間の橋渡しと言われています。

RippleのCTO Stefan ThomasとInterledgerの共同設立者であるEvan Schwartzによって発行されたホワイトペーパーは、暗号化方式のウォレットコントロール、双方の取引におけるエスクローの監視、デジタル資産の投票とオークションなどのアプリケーションをさらに詳しく説明しています。

RippleはまだCodiusの正式打ち上げが発表されたときに発表する予定であり、Rippleのコミュニティができることは発表のために息を吹きながら待っているということです。

 

https://ripplenews.tech/2018/05/06/codius-to-be-revived-and-why-it-matters/

 

復活するのが最高に楽しみですね!!