ビットコインギガ

仮想通貨最新情報

【GMOコイン】仮想通貨リップルを新たに取り扱い開始

ついにGMOがXRPの取り扱いを開始しました。

どうも仮想通貨資産10億の男、ビットコインギガのシンゴです。

資産10億になった理由は友達になってくれた先着1万名の方にお伝え致します。

焦らないで大丈夫です。

あと9,926人枠があります。

https://line.me/R/ti/p/@bitcoingiga

GMOでXRPが利用開始されます。

これは要チェックですね。

送金などで使われれば使われるほどXRPの数は減ります。(XRPは送金でかかる手数料は消滅します。) 

需要が増えれば増えるほど単純にXRPの価格は上がります。

リップルは着実に陣地取りをジワジワ行なっています。 

そして

XRPはいつか天下を取ります。

しかも天下を取ってるように見せずに。

ウィルスのように広がり取り返しがつかなくなります。

そのウィルスにのる症状の発症が1年後なのか?

もしくわ3年後なのかは分かりませんが。

いまの30円前後の価格で収まるわけがないです。

リップルは優れた仕組みを提供してそこに分かりにくいようにXRPを自然に組み込み。

現在行われてる国際送金のクソッタレな手数料や送金NGというふざけた風習のようなものをなくしてしまいます。

ビットコインのように政府や銀行の敵になるわけではないので邪魔されにくいのも素敵な点です。

個人的にXRPは来年末には今の6倍は行くと思ってます。

0.5円から握りしめて利確も出来ないようにハードウォレットに入れ込み永眠してます。

 

XRPが私の人生をさらに充実したものにしてくれると固く信じてるのでXRPを応援します。

 

GMOからのお手紙

仮想通貨取扱事業者のGMOコイン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:若松 剛史)は、本日より仮想通貨リップルの購入・売却機能のサービス提供を開始いたしましたので、お知らせします。

当社では、これまでにビットコインのほか、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの3種類のアルトコイン通貨の購入・売却機能を提供しておりましたが、多くのお客様のご要望を受け、この度リップルの購入・売却機能を追加することを決定いたしました。

【リップル(XRP)とは】
 リップル(XRP)とは、Ripple社(Ripple, Inc.)※1が運営している金融商品の国際送金システムの「RippleNet※2」で決済・送金するために用いる仮想通貨です。ビットコインと比較すると、ビットコインのシステムはブロックチェーンにビットコインに関する取引結果を記録しますが、Rippleはブロックチェーンに米ドルや円などの、様々な金融商品に関する取引内容を記録することによって決済・送金の手続きを簡略化するシステムです。Ripple社はリップルの利便性として、送金が4秒で決済※3されるなどの点を提唱しており、大手クレジットカード会社のアメリカンエクスプレスがRippleNetへの参加を表明したことが今年11月に発表されるなど、今後の成長・拡大が期待されています。
また、リップルは同社が1社で提供しているため、中央集権的な仮想通貨である点も特徴です。