ビットコインギガ

仮想通貨最新情報

VISA vs 暗号通貨 で暗号通貨がビザを上回りました。

VISA vs 暗号通貨 で暗号通貨がビザを上回りました。

これはすごい。

visaも大慌てですね。

どうもビットコインで資産10億

ビットコインギガのシンゴです。

ねぇ、僕と友達になってよ。

https://line.me/R/ti/p/@bitcoingiga

 

2850億ドル:CryptocurrenciesはVisaよりも価値がある

ジョセフ・ヤング

VISAブロックチェーン
Hacked.comの取引勧告を読んで分析し、月額39ドルで入手できます。
総てのクリプトカウズの市場価値評価は、主要な金融サービスプロバイダであるビザの時価総額を300億ドル上回っています。

報告時点では、Visaの時価総額は2540億ドルをわずかに上回り、暗号化市場全体の市場価値は2,859億ドルです。

ビザと数字による暗号化市場

Visa 2016の年次報告書によると、Visaネットワークは年間約5兆8,000億ドルの取引を処理しています。これは主に、世界中で発行された31億のビザデビットカードとクレジットカードによるものです。 Visaネットワークでは、2016年に832億件を超える取引が決済されました。

 

広告:
対照的に、cryptocurrency市場では、日々のトランザクションが大幅に少なくなります。 Ethereumネットワークは、市場のすべての暗号化された暗号化された暗号化された暗号化された暗号化された暗号化された暗号化された暗号化された暗号化された暗号化された暗号化された暗号化された暗号化されたデータより多くのトランザクションを処理し、つまり、毎月3,000万件の取引と年間約3億6,000万件の取引があります。

しかし、BitcoinやEthereumなどのパブリックブロックチェーンネットワークのコア開発者は、第2層支払いネットワークの開発と展開を進めています。 LightningやPlasmaのような2層目の決済チャネルを利用することで、BitcoinやEthereumのような暗号化通貨は安全な価値のストアとして残る一方、決済チャネルはVisaネットワークのように動作し、暗号化通貨の上で立ち上げられます。

「Bitcoin Micropayment Channel Networksのスケーラブルな資金調達」と題したBlockstreamの研究チームの最近の研究論文によると、マイクロペイメントチャネルなどの必要なソリューションでは、現在のインフラストラクチャで少なくとも8億のユーザーをサポートできることが明らかになりました。

"マイクロペイメントチャネルネットワークは、元の論文で解決されていない新しい問題を生み出している[8、18]。ブロックチェーンの能力とロックインされた資金の2つの主な課題を特定します。ブロックサイズの増加があっても、ブロックチェーンの容量は、チャネルをオープンしたりクローズするために必要なオンチェーントランザクションの数によって、マイクロペイメントチャネルを使用する約8億人のユーザーしかサポートできないと推定されました。

Blockstreamの研究論文では、チャネルや不要な情報を排除してマイクロペイメントチャネルを最適化することで、ブロックチェーン領域の96%近くが取引容量やユーザーの支払いチャネル数を大幅に増やすことができると指摘しました。

ブロックチェインからチャンネルを隠すことで、ブロックチェインスペースの使用量が削減され、チャンネルのコストが削減されます。その間に100個のチャネルを持つ20ノードのグループでは、ブロックチェーンのスペースの最大96%を節約できます」と同紙は付け加えました。

既に日々の取引量では、暗号侵害市場から毎日100億ドル相当の取引が処理されています。グローバルな暗号暗号交換市場は、毎年3.6兆ドルの取引で処理されており、Visaネットワークの量に近い。両方の市場がデジタルおよび政府発行の何百もの通貨の中で取引を処理するように、暗号化通信の取引量をVisaネットワークと比較することは公正です。

長期的には、オンチェーンおよびオフチェーンのスケーリングソリューションが主要な公開ブロックに実装されている場合、暗号化された通貨の取引量はVisaを上回ることができます。

 

$285 Billion: Cryptocurrencies Are Now More Valuable Than Visa

Joseph Young
1 min ago
VISA Blockchain
Get Trading Recommendations and Read Analysis on Hacked.com for just $39 per month.
The market valuation of all of the cryptocurrencies combined has surpassed the market cap of leading financial service provider Visa, by $30 billion.

At the time of reporting, the market cap of Visa remains just above $254 billion, while the market valuation of the entire cryptocurrency market is $285.9 billion.

Visa vs Cryptocurrency Market by Numbers

According to the Visa 2016 annual report, the Visa network processes around $5.8 trillion worth of transactions per year, mostly from the 3.1 billion visa debit and credit card issued globally. More than 83.2 billion transactions were settled on the Visa network in 2016.

 

Advertisement:
In contrast, the cryptocurrency market settles significantly less transactions on a daily basis. The Ethereum network settles more transactions than all of the cryptocurrencies in the market combined, and the entire cryptocurrency market processes around 1 million transactions per day. That is, 30 million transactions per month and approximately 360 million transactions per year.

However, core developers of most public blockchain networks such as bitcoin and Ethereum are working on the development and deployment of second-layer payment networks. The utilization of second-layer payment channels like Lightning and Plasma will enable cryptocurrencies like bitcoin and Ethereum to remain as secure store of values, while payment channels operate like the Visa network and are launched on top of the cryptocurrencies.

A recent research paper from the Blockstream research team entitled “Scalable Funding of Bitcoin Micropayment Channel Networks” revealed that with necessary solutions in place such as micropayment channels can support at least 800 million users with the current infrastructure.

“Micropayment channel networks create new problems, which have not been solved in the original papers [8,18]. We identify two main challenges – the blockchain capacity and locked-in funds. Even with increases in block size it was estimated that the blockchain capacity could only support about 800 million users with micropayment channels due to the number of on-chain transactions required to open and close channels,” read the paper.

With micropayment channel optimization through the elimination of channels and unnecessary information, the Blockstream research paper noted that nearly 96 percent of the blockchain space, significantly increasing the capacity of transactions and number of users payment channels can handle.

“By hiding the channels from the blockchain, a reduction in blockchain space usage and thus the cost of channels is achieved. For a group of 20 nodes with 100 channels in between them, this can save up to 96% of the blockchain space,” the paper added.

Already, in terms of daily trading volume, the cryptocurrency market is processing over $10 billion worth of trades on a daily basis, from cryptocurrency to fiat and vice versa. The global cryptocurrency exchange market processes $3.6 trillion in trades on a yearly basis, which is closer to the volume of the Visa network. It is fair to compare the trading volume of cryptocurrencies to the Visa network as both markets handle trades amongst hundreds of digital and government-issued fiat currencies.

In the long-term, the transaction volume of cryptocurrencies will be able to surpass that of Visa, if on-chain and off-chain scaling solutions are implemented onto leading public blockchains.

Featured image from Shutterstock.

Advertisement:
Advertisement: