ビットコインギガ

仮想通貨最新情報

なぜリップルのニュースが今こんなにも注目されているのか?

f:id:bitcoingiga:20180508220452j:image

リップルのニュースが世界を賑わしています。

どうもビットコインギガのお時間です!

いま、世界が激しい息を抱える激しい暗号レースをしている中、Bitcoin(BTC)、Ethereum(ETH)、Ripple(XRP)は今週、劇的に強気な動きを見せています。

しかしの暗号通貨のレースは決してスムーズには行われていません。

メディア世界の喧騒を払拭するのに十分な爆発的なエネルギーがまだ抑え込まれてるためです。

しかし、Rippleは今、世間の注目を奪うことができております。

CoinWatchのデータプラットフォームから、リップルは、1週間のマイナスストーリーに対して非常に強気な31のポジティブ記事を持ち、先週、大量のメディア誇大宣伝を集めていることが手に取るように分かります。

同様に、過去1週間にリップルは0.79ドルから0.85ドルに上昇し、これは6.67%の価値の上昇につながった。

リップルは依然として変動していますが、上昇傾向にあり、抵抗水準は0.90ドル前後です。

圧倒的に強気なニュース感情で、リップルがなぜ今のメディアに波及しているのかを調べるためにトップのストーリーを探しました。

リップルと金融大手のパートナー

リップルは、SAMA(TSXV:SME)、ウェスタンユニオン(WU)、マネーグラム(MGI)との最近のアライアンスの盛り上がりを受けて、FairFX(UK)と新たな提携を開始しました。 RationalFX(英国)、Exchange4Free(英国)、UniPay(ジョージア州)、Money Match(マレーシア)。

グローバルコインウォッチは、「XRPのスマート決済ソリューションのおかげで、新会社はこの通貨との有利なパートナーシップに取り組んでいる」と報じた。

これらの新しく追加されたものはxViaプラットフォームを使用し、ウェブサイトによれば、標準インターフェースを使用してさまざまなネットワークでグローバルに支払いをシームレスに送信したい銀行などが含まれます。

リップルのチーフマーケティングオフィサー、コーリージョンソンは、同様のスレッドで、サンタンデールが金融取引を処理するリップルプラットフォームの使用計画をすぐに発表するというニュースを漏らした。

以前サンタンデールがOne Pay FXアプリにxCurrentを使用するとの報告はあったが、ジョンソン氏は「Ask Me Anything」セッションでサンタンデールもxRapidプラットフォームを使用することを確認した。

これらの発表の裏で、コイネックスはモバイルとウェブのプラットフォームにリップルを追加したばかりで、暗号化へのコストをゼロにすることを可能にしている」と同社の創設者兼CEOであるRahul Rajは、 「暗号化から暗号化へのトレードコリドー」、そして「シームレスな取引」を「提供する」ことに同意したことなど、多くのこのような驚きがパイプラインでユーザーを魅了している」

そしてRippleは、オマーンに本拠を置く金融機関であるBankDhofarにて新しい銀行を追加しました。

この銀行は、グローバル企業のブロックチェーンネットワークであるRippleNetに移行する予定です。

BankDhofarのチーフインフォメーション担当者Tariq Tahaは、Rippleのブロックチェーンテクノロジを追加することで、「海外送金時に顧客に時間と費用を節約できます」と述べています。

支払いの旅を終わりまで見通すことができます。

銀行がRippleのxCurrent(全社的な支払いとインスタント決済のエンドツーエンド追跡を可能にするエンタープライズブロックチェーンソフトウェア)をタップしているかどうかはまだ分かりません。

リップルのXRPを使用して国際取引にリアルタイムの流動性をもたらすRippleのxRapid製品もあります。

今のところ、BankDhofarは、その使用する製品の詳細を明らかにしてません。

リップル、英国議会公聴会でデジタル通貨を守る

波紋の管理は、デジタル通貨に関する英国議会の熱狂的なヒアリングにちょうど参加したばかりです。リップルは、パネルにブロックチェーンとデジタル通貨の利益を守るために存在し、被験者は議論の温床でした。

リップルの規制当局責任者、ライアン・ザゴネ氏は、デジタル通貨が銀行間のクロスボーダー支払いの透明性と効率性をどのように向上させるのかを訴えています」ザゴネは、「これによりコストを最大60%削減する資金移動は技術の中心的なメリットである」と述べ、XRPを「国際取引におけるペソと円のような2つの通貨の橋渡し」とするパイロットプロジェクトについてパネルに語った。

しかし、証拠ベース管理のセンターの銀行・財務担当ディレクター、マーティン・ウォーカー氏はリップルを焼き払い、まだ極端に変動しているため、銀行間決済サービスとしての役割に疑問を呈していました。

Walker氏はブロックチェーンに横たわり、銀行部門における真のイノベーションからの流行や気を散らすと言っており、懸念される分野としての支払いの難しさを挙げている。

パネルからの唯一のコンセンサスは、「産業と暗号化のブロックチェーンは大きな違いがある」ということでした。

しかし、リップルは議会で強力なケースを作り、暗号がすでに金融政治の世界にどのように影響しているかを強調しました。

リップルの強気なニュース

リップルの価値が崩壊するにつれて、多くの暗号愛好家がドラマに魅了され、その背後にある要因を分析し、アルトコインの将来を予測しようとしました。変動する値は、メディア投機の密度に反映されます。これは本質的に波及効果を作り出しました。今は何が最初に来たのか、投機的なものか、価格の変動かはわかりませんが、ニュースの感情とリップルの価値の間に強いパターンが見えます。強気なニュース感情の上昇は、リップルをメディアの注目に突きつけ、その信頼性を強化しています。

例えば、グローバル・コイン・レポートによれば、「リップルは、リスクフリーで安定した性質のため、トレーダーのグループにとって常に好まれてきました。

新しいパートナーシップと世界的に有名な組織を顧客として、Rippleのブロックチェーンシステムは、所有者にさらに効率的かつ完璧な取引システムを提供する可能性が高い。

Q1とQ2がこのコインの未来のための単なる兆しであるならば、現在のXRP保有者は確かに有望な投資だと言うことができます。

https://www.nasdaq.com/article/why-ripple-is-raging-through-the-headlines-right-now-cm959377

 

ナスダックに記事が乗り出しましたね。

一時的な流行り廃りでXRPやリップルは動いてはいませんが。

世間の認知が上がるのはとてもいいことですね。

大きいニュースが来ようがインフルエンサーが煽ろうがXRPの価格が上がる事はほとんどありません。

ですが底は確実に固くなっていますので。

今後のXRPやリップルの動きが楽しみで仕方ありません。

ビットコインギガではXRPの動向を逐一チェックしていきます。

記事の更新はラインアットでお伝えしますね。

友達登録お願いします。

LINE Add Friend

Ripple(XRP)がスマートコントラクトプラットフォームのcodiusを復活させる?

f:id:bitcoingiga:20180506221744j:image

Ripple(XRP)がスマートコントラクトプラットフォームCODIUSを復活する?

どうも!

嬉し恥ずかし

ビットコインギガのお時間です!

みなさま

ゴールデンウィークはなにしてますか?

混んでるので外にも出たくなくなりますね。

あっ!

ラインアットの友達がおかげさまで1,000人超えて来ました。

ろくな情報送れてませんが、ありがとうございます。

有益な情報を送れるようにこれから成長して行きますのでビットコインの事は嫌いになってもギガの事は嫌いにならないでください!

出会って2秒ですぐ友達のURLはこちら

LINE Add Friend

XRPのすごい嬉しい話題がでて来ました。

お休みしてたXRPのスマートコントラクトプラットフォームのCODIUSが復活するかもしれません。

リップルでCODIUSが復活すればスマートコントラクトによる様々なプラットフォームが立ち上げられます。

ICOとかXRPで出来たら最高ですよね。

https://codius.org/

リップルは、新製品、新しいパートナーシップ、グローバルイベントの間で、暗号侵害のニュースサイクルを引き続き支配しています。

主要金融機関との協業は、ブロックチェーンの一般的な採用の最前線に置いています。そのクライアントの中には、Western Union、Santander、さらにはIBMのような伝統的な企業の巨人があります。これらの収益性の高いベンチャーと並んで、リップルの最近の慈善事業は、暗号侵害産業に多大な貢献をもたらしました。

DonorsChoose.orgのすべてのクラウドファンディングキャンペーンを完了したことで、スティーブン・コルベールの深夜番組にテレビ放送が放送されました。

しかし、リップルが2015年以来回避した1つのブロックチェーン要因があります。

分散アプリケーションのためのスマートコントラクトが特に欠けています。

彼らの本来のスマートコントラクトプラットフォームであるCodiusを棚上げしようという彼らの決断は、当時の決断でした。

スマートコントラクトは実証済みの技術ではなく、Ethereumの創作は1ヵ月後には起こらなかった。

スマートコントラクトは暗号化プロジェクトの規則的な要素なので、Rippleは再びゲームに戻っているようです。

Codiusのサイトがバックアップされ、動作しています。

コーディウスの歴史と復活

もともと2014年に発表されたCodiusは、Rippleプラットフォーム上で動作する「分散アプリ」の手段として始まりました。

それ以来、用語や操作は変更されましたが、一般的な考え方は変わりませんでした。

Rippleにとって残念なことに、Codiusプラットフォームでの操作を中断する決断は、スマートコントラクトソリューションを使って最初に市場に出ることを妨げていました。

しかし、彼らの製品はうまくいっており、誰もリップルには何の不満もないと非難することはできません。

cryptocurrency市場は現在大規模に見えるかもしれませんが、それは2015年の現在の規模のほんのわずかです。

リップルは当時の市場ではCodiusプラットフォームをサポートできないと確信していました。

現在の環境は大きく異なっています。

スマートコントラクトはブロックチェーンプラットフォームの通常の機能であり、市場規模は急激に拡大しています。

さらに、スマートコントラクトは、従来のビジネスにおけるブロックチェーン技術の最も魅力的な機能の1つです。

Rippleが使いやすい、シームレスなスマートコントラクトプラットフォームを開発することができれば、既に印象的な配列を超えても製品を拡張することができます。

リップルのCTO、ステファン・トーマスは、2017年8月早くプラットフォームを復活させる考えを浮き彫りにしました。

明らかに、2017年後半と2018年初めにかなり混乱しました。

市場が安定したので、リップルは新しい製品ラインを探し始めるのが理にかなっています。

リップルを持つ分散アプリケーション

Rippleの支払いプロトコルは、すでに金融機関がレガシーネットワークをアップグレードできる集中システムを提供しています。

分散アプリケーションは、中小企業や新興企業、さらにはエンドユーザにも魅力を感じます。

このタイプの信頼性の低い自動プロセスは、伝統的に分散された元帳の機能を拡張し、開発チームのためのフレームワークを提供します。 「x」シリーズのリップル製品で見られる単純な取引システムではなく、リップルを平均的な人に魅力的にする完全な機能を備えた堅牢な金融アプリケーションの可能性があります。

さらに、スマートコントラクトを結ぶ能力は、RippleNetのブリッジ通貨処理に役立つことがあります。

決済ペアリングが一致したときに自動的に実行される契約を作成するシステムは、流動性レベルを高めることができます。

現在のリップル流動性プールの印象的な状態を超えても、スマート・コントラクトはさらに1レベルの緊急時計画を追加します。

最近のリップル市場のパフォーマンス

リップルの価値は、2018年第2四半期の初めにかけて、市場の残りの部分とほぼ同じように着実に増加しました。今年の第1四半期を支配した弱気市場から誕生した市場は、ほとんどの主要通貨からの横ばいの動きを伴い、強気相場に向っている。

市場の低迷の中でリップルの大きな進歩を考えれば、製品が成熟し始めると、それが別のスパイクを見る可能性が高いでしょう。

スマートコントラクトレイヤーの追加は、このプロセスを助けるだけです。

製品の潜在力を広げ、より多くの開発チームを引き付ける機会を提供することは、暗号化のコミュニティからの永続的な懐疑主義の一部を解消するのに役立ちます。

リップルはブロックチェーンのプロジェクトの中で最も優れた広報活動を簡単に持ちますが、引き続きその利点を生かすことは間違いありません。

3年前に発表された後、RippleはRippleのブロックチェーンに基づいたオープンなホスティングプロトコルであるCodiusを再導入する予定です。

Codiusは2014年に導入され、開発の1年近くが経過した後、Rippleチームは分散型市場がまだ若すぎると感じ、プロトコルの理想的な市場を提供しないと考えているため、保留にしました。

しかし、Codiusが市場に再参入しようとしているという報告が出てきた。

Codiusは実質的に、EthereumやEOSなどの有力なタイタンとのスマート契約市場でRippleを競争相手にします。

Rippleは、Allvorという新しいプロジェクトを立ち上げるなど、Ethereumとの競争の中でいくつかの小さなステップを踏み出していますが、Codiusは収益性の高いスマートコントラクトで完全に競争できるようになります。

Codiusはユーザーに多くの利点を提供します。その1つはピアツーピアホスティングで、少なくとも1人のユーザーが使用している限り、アップロードされたプログラムはメンテナンスを必要としません。

また、スマートな契約を導入しながら、分散アプリケーションを開発するためのプラットフォームもユーザーに提供します。

最先端の機能の中には、Rippleのブロックチェーンを搭載した非常に高速なものもあります。 Codiusには、アプリケーションがマイクロペイメントシステムを通じてお互いに支払うことができる支払いシステムが組み込まれています。 Codiusで開発されたアプリケーションも非常に安全です。

これは、アプリケーションをホストとホストの両方から隔離する最新鋭のサンドボックスによって保証されています。

Ethereumのようなスマートな契約プラットフォームは、開発者がアプリケーションに統合するために覚えなければならないSolidityなどの独自の言語で提供されますが、Codiusは最も人気のあるプログラミング言語の1つであるJavascriptで開発されています。

これにより、任意の開発者がプラットフォームを使いやすくなります。

このプロトコルは現在ベータ版であり、さらに優れたものになるように開発中です。

ホワイトペーパーでは、CodiusはRippleやBitcoinなどのバリューネットワーク間の橋渡しと言われています。

RippleのCTO Stefan ThomasとInterledgerの共同設立者であるEvan Schwartzによって発行されたホワイトペーパーは、暗号化方式のウォレットコントロール、双方の取引におけるエスクローの監視、デジタル資産の投票とオークションなどのアプリケーションをさらに詳しく説明しています。

RippleはまだCodiusの正式打ち上げが発表されたときに発表する予定であり、Rippleのコミュニティができることは発表のために息を吹きながら待っているということです。

 

https://ripplenews.tech/2018/05/06/codius-to-be-revived-and-why-it-matters/

 

復活するのが最高に楽しみですね!!

 

仮想通貨育成ゲームBITPET(ビットペット)はレアキャラが100万円超え!?育てて稼げるBITPET(ビットペット)を始めました。

f:id:bitcoingiga:20180323132756j:plain

仮想通貨ゲームBITPET(ビットペット)はレアキャラが100万円超え!?育てて稼げるBITPET(ビットペット)を始めました。

Bitpet

f:id:bitcoingiga:20180323134844j:image

スタートまもないのでレアキャラが出やすいらしいです。

BITPET(ビットペット)はブロックチェーン上でペットを育成出来る仮想通貨ゲームです。

デジタルぺットを育成しながら仮想通貨も同時に稼げるゲームです。

イーサリアムブロックチェーンを利用してして稼いだトークンは現実世界で使える通貨に換金が可能です。

収集して育成して稼ぐ。

登録自体は無料なので登録だけはしてみてください。

日本語にも対応してるので登録も簡単でした。

一緒にガンガン育てて稼ぎましょう!

Bitpet

ETHを専用のアドレスに送金すると1:1でPOPトークンにチェンジされます、とりあえず0.1ETH入れました。

f:id:bitcoingiga:20180323142540j:image

最初はビットペットを持っていません、販売されてるビットペットで自分の好きなペットを購入します。

f:id:bitcoingiga:20180323142825j:image

里親に出されてる新しい居場所を探してるビットペットを買います。

f:id:bitcoingiga:20180323144333j:image

ライトセーバー持ってるやつが欲しい。。

f:id:bitcoingiga:20180323143018j:image

このドラキュラ型ライトセーバー君なら0.02POPトークンで買えます。

販売しているペットを値段順に並び替えると

f:id:bitcoingiga:20180323144650j:image

ん??

ん?99,999?

f:id:bitcoingiga:20180323144749j:image

たぶんこれは運営側のペットだとは思うのですが。

なかなか面白いですね。

夢があります。

今は大人中心で動いてるとは思うのですが。

もっと子供が簡単に出来るようにアプリなんかを設計して。

最初のペットの初期費用を親が出してあげて、子供が育てて自分で稼げるようになったら最高ですね。

金にならない方のモンスターを捨ててこっちに乗り換えて頑張って欲しいです。

f:id:bitcoingiga:20180323134307j:image

f:id:bitcoingiga:20180323135226j:image

f:id:bitcoingiga:20180323135236j:image

f:id:bitcoingiga:20180323135243j:image

 

 

 

 

 

 

リップル(XRP)をホールドする賢明な4つの理由

なぜリップル(XRP)をホールドするのか?賢明な4つの理由

f:id:bitcoingiga:20180319035556j:image

どうも南国で頭が茹だってます。

ビットコインギガのシンゴです。

全体的にイイ下げっぷりですね。

個人的には来週ぐらいが底で上がっていくかなと思ってます。

まずはビットコインが復活しないとアルトコインは上がりづらいですよね。

この方の考察も面白いです。

参考にどうぞ。

https://mobile.twitter.com/fXVa5VXtWnpyfCL/status/969889205424812037

1人でチャートばかり見てないですみんなで情報共有しましょう!

ラインアットでは通貨の購入前の相談などにものっています。

@bitcoingiga でline検索かURLをクリックで3秒で友達になれます。

LINE Add Friend

愚痴とアフィリエイトの営業もガンガンお待ちしてます!!

8円や50円といった価格で取り残された経験をお持ちのリップルホルダーの皆様なら分かるかと思いますが。

400円も必ずリップルは救出に向かうと僕は信じてます。

そんな中

XRPについて面白い考察があったのでシェアします。

リップルをホールドすべき4つの理由。

・提供される素晴らしい各種サービス

・毎週のように発表されるパートナーシップ

・強力なマーケティング

・Facebookなどでの仮想通貨広告の禁止

今後詐欺的な通貨は滅びて残るのは実体のあるサービスや通貨です。

上場して値段がついて価格が上がるだけが正義のような流れになっていますが、決して長くは続きません。

必ず綻びが生じて破綻します。

金融庁も今後日本人のICO参加を規制する流れを作ると思います。

 

今月は市場がとても残酷でしたね。

Ripple CEO、Brad GarlinghouseとCoinbaseの大統領とCOO、Asiff Hirjiとの間で期待されていた会合の間に、多くのCrypto愛好者がMagic Mondayと名付けたCNBCのリップル(XRP)の兆候が見られました。これは、有名なアメリカのcryptocurrency取引プラットフォームでリップルの追加が予定されていることを発表し、Coinbaseの社長の発表を待っていました。

しかし、インタビューは3月5日の月曜日に放送されなかった。何が起こったのは、インタビューはCNBCファストマネーによって録画され、後で放映されたということです。

テレビのネットワークはつぶやきを介して謝罪するだろうが、被害は既に行われていた。

ツイッターでのつぶやきは6日に、インタビューは7日に放映されました。この期間中、XRPは3月5日に1.05ドルまで上がった。

リップルをコインベースに追加する旨の発表がなかったとき、その価値は3月9日までに0.788ドルにまで急落した。

リップルはまだ弱い。。

Bitcoin(BTC - 7,633ドル)とかなり揮発性の暗号市場のため、現在リップルは0.599ドルで取引されている。

しかし、決して絶望はしないでください。

リップル(XRP)を維持する理由はたくさんあります。

まず、Ripple(XRP)とxRapid、xCurrent、xViaの支払いソリューションサービスの未来はとても明るいことが証明されています。

xViaは、標準インターフェースを使用してさまざまなネットワークにまたがって支払いを送金したい法人、支払いプロバイダおよび銀行向けのサービスです。

xCurrentは、銀行がエンドツーエンドのトラッキングを使用して国境を越えた支払いを即時に決済できるようにするRippleのエンタープライズソフトウェアソリューションです。

xRapidは、流動性コストを最小限に抑えながらお客様の利便性を向上させたいペイメントプロバイダーや他の金融機関向けです。

Ripple Technologyのトランザクションはブロックチェーン上で安価(トランザクションあたり0.0004ドル)で高速(3.3秒)でとても安全です。

ますます多くの銀行や送金サービス業者がRippleの支払いソリューションオプションを常に使用してテストしています。

私たちが二番目に来ると思うのは、それが最初の理由です。リップルが銀行との送金や送金サービスを毎週行っているのではないにしても、これは毎週のことではないにせよ、毎週のパートナーシップ発表です。

リップルはマネーグラム、ウェスタンユニオン、日本のSBIコンソーシアム、サウジアラビアの中央銀行、月末までに100を超える可能性のある他の多数の銀行と提携すると発表しています、cryptowarrior88 steemit.com。

銀行と送金サービス業者は未来がブロックチェーン技術にあると見ています。

銀行は、暗号化に関する通貨についての意見は公表されていないが、バックエンド技術を採用することは間接的な裏書である。

彼らは実際に、J.P。モルガンの入場によって見られるように、暗号化を恐れている。その暗号化通信は、銀行業界で通常のビジネスのやり方を脅かす。

これは、銀行が適応しており、暗号が残っていることを意味します。

第三に、Rippleの会社とプロジェクトの管理者は、特別なことをしており、暗号文とその信者と常にコミュニケーションを取っています。 Brad Garlinghouseは、CNBCのインタビューで見られるように、常にニュースに載っていて、暗号違反とブロックチェーンに直面する問題に取り組む準備ができています。

彼はプロジェクトの舵取りであり、特別なチームによっても引き継がれています。

Rippleの新しいチーフマーケットストラテジスト、Cory Johnsonは、RippleがXRPの本質的価値を実証して、これらの硬貨や資産の中には持っていないものがないと信じていると最近述べています。

彼は昨年11月に早期に暗号懐疑論者であることを認めている。

しかし今、彼は確信しています。

リップルのマーケティングチーフの鞭打ちのように、彼はリップルについての福音を広めることを任されています。


リップル(XRP)へのHODLの第4の理由は、必ずしも最終的な理由ではなく、彼らのプラットフォームでのすべての暗号とICO関連の広告を禁止するというGoogleとFacebookの最近の決定です。

これは実際には良いことです。

正当な暗号プロジェクトによってもたらされた非常に優れた暗号化エコシステムの名前を壊すことから、いわゆる詐欺が回避されます。

詐欺が撲滅されると、これは合法的なプロジェクトが現実の問題解決状況に自分自身を示すことができることを意味します。

リップル(XRP)は、コンセプトの証明を示したコインとプロジェクトのパックをリードしています。

今残っているのは、GoogleとFacebookのクリプトやICO広告を禁止し、消え去り、数週間と数ヶ月で市場がそのモジョーとパフォーマンスを取り戻せるようにするという、ホールドを保ち続けているというニュースです。

 

https://samcrypto.com/4-reasons-why-it-is-wise-to-hodl-ripple-xrp/

4 Reasons Why It Is Wise To HODL Ripple (XRP)

admin
19 mins ago

The market has been brutal all month. There were signs of Ripple (XRP) having some signs of improvement during the much anticipated meetup between Ripple CEO, Brad Garlinghouse and Coinbase’s President and COO, Asiff Hirji, on CNBC on what many Crypto enthusiasts dubbed Magic Monday. This was in anticipation of the President of Coinbase, announcing the much anticipated addition of Ripple on the famous American cryptocurrency trading platform.


However, the interview was not aired on the said Monday of March 5th. What happened is that the interview was taped by CNBC Fastmoney and aired on a later date. The TV network would then apologize via a Tweet, but the damage had already been done. The tweet was posted on the 6th and the interview aired on the 7th. During this time period XRP had pumped to an impressive $1.05 on the 5th of March. When the announcement was not made of adding Ripple to coinbase, its value plummeted to $0.788 by the 9th of March. Ripple is currently trading at $0.599 due to a weak Bitcoin (BTC – $7,633) and a considerably volatile crypto market.

But do not despair. There are many reasons to keep HODLing your Ripple (XRP).

Firstly, Ripple (XRP) and its payment solution services of xRapid, xCurrent and xVia, have proven themselves in self evident cases of proof of concept. xVia is for corporates, payment providers and banks who want to send payments across various networks using a standard interface. xCurrent is Ripple’s enterprise software solution that enables banks to instantly settle cross-border payments with end-to-end tracking. xRapid is for payment providers and other financial institutions who want to minimize liquidity costs while improving their customer experience. The transactions on Ripple Technology are secure on the blockchain, cheap ($0.0004 per transaction) and fast (3.3 seconds).

More and more banks and money remittance service providers are constantly using and testing Ripple’s payment solution options.

It is the first reason that we come to the second. This is the weekly, if not daily, partnerships Ripple is making with banks and the said money remittance services. Ripple has managed to partner with Moneygram, Western Union, SBI Consortium of Banks in Japan, the Saudi Arabian Central Bank, and numerous other banks that might well reach over a hundred by the end of the month and according to a list complied by cryptowarrior88 on steemit.com.

 


The banks and money remittance service providers have seen the future is in blockchain technology. The Banks are not open about their opinion with respect to cryptocurrencies, but embracing the back-end technology is an indirect endorsement of them. They actually fear crypto as can be seen by an admission by J.P Morgan, that cryptocurrencies are a threat to the normal way of doing business in the banking industry. This means that the banks are adapting and that crypto is here to stay.

Thirdly, the management of the Ripple company and project is doing extraordinary things and constantly communicating with the crypto-verse and its believers. Brad Garlinghouse is constantly in the news, as can be seen in the CNBC interview, and ready to tackle the issues facing cryptocurrency and blockchain. He is the rudder of the project and is seconded by an extraordinary team also.

Ripple’s new chief market strategist, Cory Johnson, has recently stated that he believes that Ripple’s going to able to demonstrate an intrinsic value for XRP that some of these sillier coins and assets don’t have and won’t have. He admits to being a crypto skeptic as early as last November. But now he is convinced. As the marketing chief whip at Ripple, he is tasked with spreading the gospel about Ripple and he is doing so quite well.

 


The fourth, and not necessarily final reason, to HODL on to your Ripple (XRP), is the recent decision by Google and Facebook to ban all crypto and ICO related advertisements on their platforms. This is in fact a good thing. It will avoid the so called scams from ruining the name of a very good cryptocurrency ecosystem brought about by legitimate crypto projects. With the scams being weeded out, this means the legitimate projects will be able to showcase themselves in real life problem solving situations. Ripple (XRP) is leading the pack of coins and projects that have shown proof of concept.

What is left now is the HODLers to keep holding and wait for the above news about banning crpto and ICO ads on Google and Facebook, to fade away and let the market regain its mojo and performance in the weeks and months to come.

 

ビットコインギガとは?シンゴとは?

どうもはじめまして
仮想通貨で無事に資産10億円を達成しました。
ビットコインギガのシンゴです。
次の目標は100億です。
仮想通貨ならそれが可能です。
想い描いた未来は必ず実現可能です。
以前は会社を経営をしていましたが。
自分が組織の運営にはすこぶる向いていない生物だという事に気づくのに7年かかりました。
組織の立ち上げ、アイデアを生み出す事が得意であとはそれを広げてくれる人に託すのがもっとも効率よく願望を実現する方法だと気付きました。
そして現在は仮想通貨を使用した仕組みづくりと運用で生活をしています。
仮想通貨はとても面白いです。
その刺激を、分かち合いたいです。
よく仮想通貨ではなく暗号通貨だよ。
ってツッコミを頂くのですが。
ギガ的には仮想通貨の方がしっくりくるので暗号通貨ではなく仮想通貨と呼び続けます。
組織を上手く運営する方法は上手く伝えられませんが。
仮想通貨の資産を上手く増やして行く方法は伝えられます。
そのために作られたブログがビットコインギガです。
今は仮想通貨の利益で世界中色々な場所へ旅をしています。
一緒に仮想通貨を使用して、自由な時間と自由なお金を手に入れましょう。
仮想通貨ならそれが可能です。

まずはラインアットで友達になってください^ ^
https://line.me/R/ti/p/@bitcoingiga

これからもよろしくお願いします。

2018年のリップル価格予想 USD

リップル価格予想XRP / USD 2018

f:id:bitcoingiga:20180208175422j:image

どうもギガです。

リップル価格予想のゆるゆる翻訳記事です。

シンゴ@ビットコインギガ on Twitter: "2018年には8ドルから10ドルになる予想。 https://t.co/LtJylBtAHj"

リップルの2018予測

2018年のリップルXRP値の見積もり

あなたがこれまで慣れてきたように、現時点でXRPを現実的に見て、年末の現実的な価格を見積もっています。もちろん、今後12ヶ月間の予想価格を見積もることは簡単ではないです。

このような見積もりには、高線量のハザードがあります。しかし、我々はこの見積もりにおいて可能な限り多くの要因を考慮に入れたいと思います。

2017年、XRPはCrypto Marketの最大のスターであり、ROIは30000%と驚異的な数字でした。他の上位10のCrypto Market通貨はそれほど大きな成長を見たことはありません。

2017年の秋の記事では、2017年末にXRPの価格が0.80〜1米ドルになる可能性があると述べ、価格が上昇すると考えていた必要な議論をたくさんしました。

多くの人が私に同意しましたが、彼らは激しく、私も楽観的だと考えました。

彼らはXRPが1ドルに達しないという見解でした。

2017年の終わりに、XRPの価格は約1.9ドルでした。

結論として、私はあまりにも楽観的でしたか?さらに、今年1月、XRPは最大3.60ドルに達しました.2018年に期待できるものを見てみましょう。

1.時価総額はXRP価格の上昇の障害にはなりません。

あまり時価総額は関係ないです。

昨年、1USDの見積もりで不一致になった人たちがもたらした議論の一つは時価総額です。

彼らの意見では、XRPは1ドルを上るにはあまりにも多くのお金を引き付けることができません。

この点について私の意見を理解している人もいます。

時価総額は相対的で非常にはげしく変動します。

通貨が上昇傾向にあり、FOMOが人々の大衆にその影響をもたらすとき、それは金額を引きつけ、暗黙のうちに時価総額は驚異的なペースで成長する可能性があります。

XRPが今年または次の2〜3年に3桁の価格に達する可能性は非常に低いですが、今後5〜6年で3桁に到達する可能性が多くあります。

Bitcoinが1年前に数百ドルの価値があったとすれば、誰が最大2万ドルに達すると思うだろうか?

しかし、これはXRPが将来1000ドルに達することを意味するものではありません。

まあ、現時点では、それはかなりのユートピアに見えます。

発行されたコインの数が1000億コインであるため、XRPはBitcoinと比較することはできません。

それは価格を押し上げるために膨大な金額を必要とするでしょう。誰もBitcoinの時価総額のこのような高い成長を見積もってませんでした。

時価総額によるXRP価格の上昇を制限することは、時価総額問題を精査した者が使用しているという主張です。

結論として、時価総額を考慮すると、私は2018年末には2桁の価格を見積もっている。

2.新しいパートナーシップとXRP(非テスト)国境を越えた支払いの可能性に関するニュース:まもなく、Cuallixは、XRPを使用した最初のXRapid計測器テストが実行されたことを発表しました。

正式な情報源によると、テストは成功したそうです。

MoneyGramは、Ripple技術を使用している100以上の金融機関に加わることにより、楽しい驚きを実現しました。

彼らは、第1段階ではリップル技術のみを使用し、第2段階ではXRP通貨も使用すると述べました。(ここ大事)

IDTとMecuryFXはリップル技術を使用すると発表しました。

リップルプロジェクトはますます実現しています。

今年、XRPを国境を越えた支払いに使うことについての最初のニュースを持っていることに驚くことはありません。

今年はこれが起こらなくても、XRPは将来の国境を越えた支払いに使用されます。

リップルはそれに必要なすべてを必ず行います。

3. Ripple Acceleratorプログラムの最初の効果、他の市場からの新しい資本流入、Arrington XRP Capital Fund:今年は、XRPの流動性を高めるために、Ripple Acceleratorプログラムの最初の効果(3億ドル相当)が見込まれます。

このプログラムを通じてインセンティブを提供することは、新しいパートナーを誘致する重要な理由となります。

このプログラムの詳細は、インターネット上の簡単な検索で見つけることができます。このプログラムの効果については、オンライン環境ではほとんど話がありませんが、2018年には非常に重要な役割を果たすと思います。

Crypto Marketは若い市場であり、ますます多くのお金を集めています。

暗号市場は、ここで得られる膨大な収量のためにとても魅力的です。

他の市場(WTI Oil、Gold、Forex)では、これらの利回りはレバレッジド・インスツルメント(証拠金取引)でしか得られません。

正確にあなたが獲得したお金ははるかに大きなリスクを伴います。

Crypto Marketはまた、株式市場からより多くの資金を引き付けるだろう。

ここでは、収入は暗号市場よりもはるかに低いです。

私は株式市場で10年間取引した後、暗号市場に入った人の一人です。投資資金を含め、同じことをした多くのトレーダーがいます。

TechCrunchの創設者で元編集者でもあるMichael Arrington氏は、2017年11月28日、新しいキャピタルファンドの開始を発表しました。 Arrington XRP Capitalと呼ばれるファンドは、世界で最大のヘッジング暗号基金の1つであり、完全にXRPで建てられています。

さらに、ファンドは1億ドルから始まり、XRPを使用してブロックチェーン技術と資産の実体に投資する予定です。

最終的な結論:

これらすべての要因を考慮に入れて、私は2018年末にXRPの価格を8-10ドルと見積もっています。しかし、この見積もりは通常の市況を意味するものであることを考慮する必要があります。

これは、Bitcoinが$ 4000〜$ 5000を下回らないことを意味し、数ヶ月の連結後、新たな強気相場を持っています。

数ヶ月以内に市場が安定せず、トレンドアップしなければ、市場の回復期間が長くなることを意味します。

Crypto Marketからの悲観感を楽観的な感情に変えることは、2週間ではできない。

数ヶ月以内に市場が回復しない場合、目標価格は2018年末までに達成されない可能性があります。

また、Crypto Market全体に悪影響を与えるRippleやその他のイベントからのマイナスのニュースを聞く必要はありません。

遅かれ早かれ市場が返ってくるかどうかにかかわらず、即時アクセス価格は非常に安いです。この時点で、XRPは最大価格(3.6 USD)から78%の低下を記録していました。

経験のあるトレーダーは、今はXRPを購入する時期であることを知っています。

市場が厳しくなっても目標価格に到達しない場合でも、XRPは間違いなく以前の価格に上昇するでしょう。

今購入するすべての人は、2018年末に素晴らしい利益を得るでしょう。

忘れてはいけない! 2018年に起こる最大のニュースは、国境を越えた支払いでのXRPの最初の(テストではない)使用です。

このニュースは、積極的な動きを上向きにすることができます。その時に500〜800%の増加が起こりそうです。

記事のすべての情報は、Rippleサイト(Insights)またはインターネット上の他のサイトで確認できます。 XRP通貨に投資したい場合は、上記の要因をすべて考慮して、独自の調査をしてください。

Ripple Price Prediction XRP/USD 2018 | Latest Ripple XRP Coin News, Price & Analysis

Ripple Price Predictions XRP/USD 2018

ripple 2018 predictions
Estimates about Ripple XRP Value in 2018.

As you’ve gotten used to, we’re trying to look realistically at XRP at this time and estimate realistic price for the end of the year. Of course, estimating a likely price for the next 12 months is not an easy task. There is a high dose of hazard in such estimates. However, we will try to take into account as many factors as possible in this estimate.

In 2017, XRP was the star on Crypto Market with an ROI of 30000%, an incredible ROI. No other top 10 Crypto Market currency has ever seen so much growth. In an article in the fall of 2017, I said that XRP could have a price between 0.80 and 1 usd at the end of 2017. Then I gave the necessary arguments for which I thought the price would rise.

Many people agreed with me, but they were vehement and considered me too optimistic. They were of the view that XRP would not reach 1 USD. At the end of 2017, the XRP price was about 1.9 USD. In conclusion, have I been too optimistic? Moreover, in January this year, XRP reached a maximum of $3.60 Let’s look at what we can expect in 2018.

1. Market capitalization will not be an obstacle to rising XRP prices:

One of the arguments brought by those who disagreed last year with my estimate of 1 USD is market capitalization. In their opinion, XRP will not be able to attract too much money to climb 1 USD. Some of you understand my point in this regard. Market capitalization is relative and very variable. When a currency is on a rising trend and FOMO produces its effects on the masses of people, it attracts amounts and implicitly market capitalization can grow at an incredible pace.

It is quite unlikely that XRP will reach three-digit price this year or the next 2-3 years, but in the next 5-6 years, there may be a lot. Given that Bitcoin was worth a few hundred dollars a year ago, who would have thought it would reach a maximum of $20,000?

However, this does not mean that XRP can reach 1000 USD in the future. Well, at this moment, that seems utopian. XRP can not be compared with Bitcoin, because the number of coins issued is huge, 100 billion coins. That would require huge amounts of money to pump the price up. Nobody has estimated such a high growth of Bitcoin’s market capitalization.

Limiting the XRP price increase due to market capitalization is an argument that those who have scrutinized the market capitalization problem are using. In conclusion, considering the market capitalization, I estimate two-digit prices for the end of 2018.

2. New partnerships and a possible news on the use of XRP (non-test) cross-border payments:

Shortly afterward, Cuallix announced that the first XRapid instrument tests using the XRP were performed. According to official sources, the tests were a success. MoneyGram made it a pleasant surprise by joining over 100 financial institutions that are using Ripple technology. They said that in the first phase they will only use Ripple technology, and in the second phase, they will also use the XRP currency.

IDT and MecuryFX also announced they will use Ripple technology. The Ripple project is increasingly materializing. I would not be surprised to have the first news this year about using XRP in cross-border payments. Even if this does not happen this year, XRP will be used for cross-border payments in the future. Ripple does everything necessary for that.

3. The first effects of the Ripple Accelerator program, new capital inflows from other markets and the Arrington XRP Capital Fund:

This year, I expect to see the first effects of the Ripple Accelerator program (worth $300 million) to boost XRP liquidity. Providing incentives through this program may be an important reason for attracting new partners. You can find more details about this program at a simple search on the internet. There is little talk in the online environment about the effects of this program, but I think it will play a very important role in 2018.

Crypto Market is a younger market and attracts more and more money. Crypto Market is attractive due to the huge yields obtained here. In other markets (WTI Oil, Gold, Forex) these yields can only be obtained with leveraged instruments (margin trading). Exactly the money you earn harder, comes with far greater risks. Crypto Market will also attract more money from the Stock Market. Here, the yields are much lower than on the Crypto Market. I am one of those who entered the Crypto Market after I traded 10 years on the Stock Market. There are many traders who did the same thing, including investment funds.

On November 28, 2017, Michael Arrington, the founder and former editor of TechCrunch, announced the launch of its new capital fund. The fund, called Arrington XRP Capital, is one of the largest hedging cryptographic funds in the world and is entirely denominated in XRP. In addition, the fund will start with $100 million and will use XRP to invest in blockchain technology and asset entities.

Final conclusions:

Taking into account all these factors, I estimate an XRP price of 8-10 USD at the end of 2018. However, it must be taken into account that this estimate implies normal market conditions. This means that Bitcoin will not fall below $4000 – $5000, and after a few months of consolidation, we have a new bull market.

If within a few months, the market does not stabilize and we do not have a trend up, it means that the market will have a longer recovery period. Transforming the feeling of pessimism from Crypto Market into an optimistic feeling can not be done in two weeks. If the market does not recover within a few months, our target price may not be achieved by the end of 2018. We also do not have to hear negative news from Ripple or other events that have a negative impact on the entire Crypto Market.

Whether or not the market will return sooner or later, the instant access prices are very cheap. At this point, XRP had recorded 78% drop from the maximum price (3.6 USD). Any trader with experience knows that now is the time to buy XRP. Even if the market gets tougher, and we will not reach our price target, XRP will undoubtedly climb to at least the previous price. All those who will buy now will have a nice profit at the end of 2018.

Do not forget! The biggest news that may come in 2018 is the first (non-test) use of XRP in cross-border payments. This news can create an aggressive move upwards. An increase of 500 -800% is likely to occur at that time.

All the information in the article can be checked on the Ripple site (Insights), or on other sites on the Internet. Please take into account all of the above factors and make your own research if you want to invest in the XRP currency.

ビットコインギガとは?

どうも、はじめまして。
無事に第1目標
仮想資産10億達成しました。
ビットコインギガのシンゴです。
次の目標は100億円です。
仮想通貨ならそれが可能です。
今はインターネットが始まった当初と同じ状態です。
インターネットも「危ない、必要ない、わからない」と最初は言われていました。
その状態が一番富が生まれやすく。
チャンスが無限にあふれている状態です。
想い描いた未来は必ず実現可能です。
自分の願望を抑え込む必要は無いです。
楽しい事をしてても稼げます。
自由な時間も作れます。
僕も以前は会社を経営をしていましたが。
自分が組織の運営にはすこぶる向いていない生物だという事に気づくのに7年もかかりました。
得意なことを伸ばして、苦手な事は人に任せれば誰でもうまくいきます。
僕は組織の立ち上げ、アイデアを生み出す事が得意で運用は苦手なので、あとはそれを広げてくれる人や組織に託すのがもっとも効率よく自分の願望を実現する方法だと気付きました。
そして現在はもっとも自由な仮想通貨を使用したシステムや仕組みづくりが今の楽しみです。
仮想通貨はとても面白いです。
その刺激を、分かち合いたいです。
よく仮想通貨ではなく暗号通貨だよ。
ってツッコミを頂くのですが。
ギガ的には仮想通貨の方がしっくりくるので暗号通貨ではなく仮想通貨と呼び続けます。
組織を上手く運営する方法は上手く伝えられませんが。
仮想通貨の資産を上手く増やして行く方法は伝えられます。
そのために作られたのがビットコインギガです。
今は仮想通貨の利益で世界中色々な場所へ旅をしています。
一緒に仮想通貨を使用して、自由な時間と自由なお金を手に入れましょう。
仮想通貨ならそれが可能です。
まずはラインアットで僕と友達になってください^ ^
質問でも苦情でもなんでも3秒で受け止めます。
https://line.me/R/ti/p/@bitcoingiga
これからもよろしくお願いします。